フィラリア予防の為に薬を与えよう!

犬にとって怖い病気に、フィラリア症があります。
これは蚊を媒介にして感染する病気で、犬糸状虫症とも呼ばれています。
蚊が血を吸ったときに幼虫が犬の体内に入り込み、そのまま成虫まで成長して、肺や心臓に移動します。
そうめんのような白く細い形態で、これが犬糸状虫症と呼ばれる理由です。

フィラリアの幼虫が入り込んだ直後は目立った症状が出ないため、飼い主がまったく気がつかないことも珍しくありません。
定期健診を受けていなければ、症状が出て初めて気がつくことも多いです。
主な症状には乾いた咳をする、散歩中にすぐに疲れる、浮腫が現れるといったものがあり、あまり多くはありませんが血尿を出すケースもあります。
血尿を出すケースではその後1週間程度で死んでしまうことがあります。

フィラリアにかかったら、成虫の数や症状によって投薬や手術が行われることが一般的です。
しかし、完全に駆除するのは難しい上、薬によって死滅した虫が肺や心臓の血管に詰まって悪化する事例もあります。
また、体調によっては耐えられず、投薬や手術ができないこともあるでしょう。
その場合は駆虫を諦めて症状を抑える対処療法をとりますが、良くなる見込みは高くありません。
そのため、フィラリアは感染してからの治療よりも予防に重きが置かれます。

予防には、予防薬を投与することがもっとも効果的です。
蚊に刺されて幼虫が体内に侵入することは防げませんが、成長して心臓や肺を傷つけるまでに駆虫します。
予防薬をインターネットで購入する女性薬はかかりつけの病院で購入できますし、インターネット通販で買うことも可能です。
インターネット通販は安価で購入できますが、販売されているのは海外からの輸入品ですので、信頼できるサイトで購入するようにしましょう。

予防薬は、感染の危険性がある期間は月に1度のペースで与えることが一般的です。
蚊は15度以上になると活動しはじめます。
地域によって異なりますが、およそ3、4月ごろから吸血し始め、10月ごろまで活動すると考えるといいでしょう。
予防薬はそれより1ヶ月程度ずらして投与します。
つまり、5~11月ごろまで与えるのが一般的です。
ただし、地域や年によって気温は異なり、蚊の活動時期も変わりますので、いつからいつまで予防すればよいかは獣医師に聞くと良いでしょう。

なお、すでにフィラリア感染している状態で予防薬を投与すると、急な副作用が現れることがあります。
毎年最初に投与するときは、必ず病院で検査を受けて感染の有無を確かめてからにすることが大切です。

おすすめ記事