犬のストレス発散できるドッグスポーツ!

ドッグスポーツドッグスポーツとは、人と犬がともに楽しめるスポーツや競技のことです。
たくさん運動でき、犬のストレス発散にも適しています。
ひと口にドッグスポーツといってもさまざまな種類がありますので、愛犬に合うものを選びましょう。
代表的なドッグスポーツには、ディスクドッグやアジリティ、フライボールなどがあります。

ディスクドッグは、フリスビーを使ったスポーツです。
フリスビーを遠くまで投げて犬に追いかけさせ、キャッチをしたときの距離ポイントなどで競う「ディスタンス」と、音楽に合わせてさまざまなスタイルでキャッチさせる「フリーフライト」の2種類あります。

アジリティは、いろいろな種類の障害物が置かれたコースを犬に走らせるものです。
俊敏性を活かしてハードルやトンネルなどを次々にクリアさせ、その正確性や速さで競います。
犬だけががんばって障害物をクリアするのではなく、飼い主(ハンドラー)がきちんと指示を出すことが必要です。

フライボールは、コースに並んだ4台のハードルを飛び越え、その先にあるボックスを叩くと飛び出すボールをくわえて戻ってくるという競技で、タイムを競います。
大会では、4人のハンドラーと4匹の犬が組んで出るチーム戦と1人のハンドラーと1匹で競う個人戦とがあります。

ドッグスポーツを行う最大のメリットは、運動不足が解消できることです。
犬種によっては、散歩以外に外出の機会がなければ、運動量が足りません。
ドッグスポーツは外出して思い切り走らせることができますので、気分転換にもストレス発散にもなります。
これは同じことが飼い主にもいえます。
また、犬本来の俊敏性も養うことができるでしょう。

ドッグスポーツにはじめて取り組む場合は、団体が開催する練習会などに参加するのがおすすめです。
ルールや動きの基本、教え方の基本などを学んだら、広い公園などで練習してみると良いでしょう。
ただし、公園で行うときは十分周りに配慮することが大切です。
ロングリードをつけて飛び出して行ってしまわないようにすることも必要でしょう。

最初はなかなかうまくいかないかもしれません。
しかし、怒ったりしないでともに楽しむことを心がけましょう。
また、ドッグスポーツをした後は犬も疲れていますので、無理をさせず休ませる必要があります。
足を痛めていないか、肉球にけがをしていないかなども確かめておきましょう。
全身を優しくマッサージするのもおすすめです。
力が強すぎないように意識して、優しくほぐしてあげましょう。

おすすめ記事